2012年05月12日

My Bloody Valentine 「Sugar」

マイブラリマスターが今日やっと届くと朝から首を長くして待っているのですが未だ配達されず。

そこでちょっと配達されるまで今回一緒に発売された「Ep's 1988-1991」の中の「Sugar」という曲について。紹介されている記事を見るとフランス限定の「Only Shallow」のプロモ盤に収録されていたという記述が載っているんですが、実は他にも違う形態でリリースされています。プロモ盤の存在は知ってたけどそれに「Sugar」が収録されているのは知らなかったな。

それは「The Catalogue」というUK(多分)の雑誌に付いていたフレキシでのリリース。というか昔はこっちで知られてたような気が。それはさておき現物がこちら。

Sugar-f.jpg

B面はPacificになってます。雑誌の日付は1989年の2月になっていますから「Isn't Anything」の後に発表されたことになりますね。時期的にも「Only Shallow」のプロモ盤よりも前ということになるかと思います。曲自体は「Isn't Anything」より以前の「Ecstasy and Wine」と「Loveless」の中間っぽい雰囲気ですね。なにぶんフレキシなので音が悪くてね、他のアナログでしか持っていない曲もCDになってくれるのはうれしい。なんだかんだで一番楽しみなのはEp集かもしれないね。



さてさてようやく発売されたリマスターですがLovelessのほうはミスプレスだったりノイズが入ってたりと発売してなお問題発生中のようですね。もう早く聴きたいのに。遅すぎる!早く来ーい!
posted by 生茶パパンダコパンダパンダ at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通りすがりですが失礼します。
『EP's』の曲目について調べてたら
ここに辿り着きました!

Sugarについてちょっと謎が多かったもので。
英Wikipediaには91年リリースと
なっていたのですが
そのずっと前から音源はあったって事ですね。

サウンド的にはLovelessに入ってても
おかしくないような音作りですよね。
89年初頭にはもう作られてたと思うと
ちょっとハっとさせられました。

貴重な情報でした、ありがとうございます!
あと貴重な画像も!
Posted by nk at 2012年06月21日 00:56
コメントありがとうございますnkさん。

クロスビート8月号によるとLoveless用の曲は89年にはほぼ出来上がっていたという記事が載っているのでSugarもその流れの中の一つとして作られたのだと思います。

もしかしたらLovelessに入る可能性もあったのかもしれませんね。

個人的にはこの曲はLovelessデモ的な意味合いとして作ったのではないかと思っています。
Posted by パパンダ at 2012年06月21日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック